見出し画像

-連載- ショートヘアと、裸眼の季節。 ---真綾×青山裕企--- vol.6(最終回)

画像1


画像2


画像3


画像4

──真綾さんは、結構いろんなカメラマンに撮られてると思うんですが、最近は映像も?
「映像もやってます」

──そうなると、結構考え方も変わってくるんじゃないでしょうか。写真も面白いけど、映像も面白いとか、むしろ映像のほうが面白い! とか。
「お芝居がやりたくなりましたね」

──それはすごい変化ですよね。私が初めてお会いした頃は、「写真の中の人」でありたいというか、写真の中で生きていたい、みたいなイメージだったんです。それって色んなカメラマンの人が染めていくじゃないですけど、いろんな要求に対して自分の色を出すみたいな。自分の内側から発散、表現していきたいとかは元々あったと思いますけど、人格や個性を出していきたい、という感じになってるのかな?
「今まで撮影をしていても、撮影が、なんかバトルみたいな感覚だったんです。撮らせるか、撮らされるかみたいな。でも結局、自分の個性が出ちゃうんだな、みたいな感覚があったんですけど、MV(映像)の撮影をした時に、お芝居の指導とかが入ったりして。元々カメラを向けられると、写真の時もそうなんですが、違う自分になるというか、そういう感覚がいつもあって。
ちっちゃい頃から、妄想することが好きで、自分の心の中でお芝居してみたり、自分の中で王子様とお姫様になったりとかを、小さい頃からやっていて。そういうのもあって、人より違う自分になるのが得意で。映像をやった時にカメラを向けられてお芝居をして、すごい楽しいと思って。もっと何かやりたいなって思いましたね」

──そういった意味では、昔から一貫してることかもしれないですね。自分が今まで頭の中でやってきたことが、社会で活かせるんだというか、これが仕事や表現になってっていうことに辿り着けたのかもしれないですね。
「そうですね」

画像5


画像6


画像7


画像8

──役者やモデルの仕事をずっとやっていきたいわけではないんですよね?
「今は保育士になりたいんですけど、20歳くらいまではこの仕事をやっていきたいと思ってて。それからは、貯めたお金で大学に行きたいと思ってて」

──なるほどね、そういう段階があるんですね。真綾さんって、すごい影響力があると思います。それでまた、芯も強いしね。これからの活躍が、楽しみですね。
「ありがとうございます。頑張りますよ。どんどん自分のことを応援してくれる人が増えて、その人たちに何か恩返しをしないといけなくて、今できるのはその人たちがもっと応援したくなる写真を届けることで、その次は写真集とかそういう作品を形にして手に取ってもらえるようなものを作って届けることだなって思っていて。そのためにも自分がもっと良い被写体にならないと良い写真は撮れないので、もう頑張るしかないです」

画像9


真綾さん、ありがとうございました!
(次回は、2019年10月25日金曜 更新予定)


写真集『裸眼の季節』(撮影:青山裕企)
絶賛発売中!
http://yukaihands.thebase.in/items/22083096

モデル: 真綾
撮影・取材: 青山裕企

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
ショートヘアに恋する、すべての男の子へ。 ショートヘアを愛する、すべての女の子へ。 “ 髪は短し 恋せよ乙女|Short Hair Fan Club ” 令和元年六月、梅雨入りと共に、始動します。

こちらでもピックアップされています

Short Hair Fan Club
Short Hair Fan Club
  • 39本

ショートヘアに恋する、すべての男の子へ。 ショートヘアを愛する、すべての女の子へ。 ショートヘアにまつわる、さまざまな写真や情報を、 更新していきます。 今後、イベントなども企画しますので、 ぜひ、入会してください!