見出し画像

-連載- ショートヘアと、革命的瞬間。 ---清水紗良×青山裕企--- vol.5

画像1

──ショートヘアの時って、耳が出ちゃうことが多いと思うんですけど、耳は基本出すことが多いですか?
「前は片方だけ出して、片方は髪をかけないっていう感じだったんですけど、今日は雰囲気変えていこうかなって」

──片方だけ出すっていうのは、何か意味があるんですか?
「耳を出したら、顔が明るく見えるじゃないですか? だから出してたんですけど、出したら顔がなんか大きくなるって思ったら、片方かけて半分半分みたいな」

──耳を出してる方から見たら顔が明るく見えるし、耳を出してない方から見たら顔が小さく見える。どっちから見てもお得みたいな。
「そうなんですよ。両方かけたり、かけなかったりしても、なんか一長一短って感じで」

画像2


画像7

──どっちの耳を出すか、決まってるのかな?
「自分の中では、左を出すって決まってますね」

──それは、耳が出てる、左の顔のほうが好きとか、見て欲しいとかあるのかな?
「どうでしょうね…」

──だって、顔が明るく見えるじゃない?
「左から撮ってもらった写真は明るく見えるけど、右から撮ってもらった写真はクールに見えるので」

──ある意味、表現の引き出しが増えるってことですね、角度によっては。
「はい」

画像4


画像5


画像6


画像7


vol.6に、続きます!(2019年10月30日水曜10時 更新予定)


雑誌『フォトテクニックデジタル 2019年9月号』
にも掲載されています!
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TKNFWNF/

モデル: 清水紗良
撮影・取材: 青山裕企
協力:アクターズスクール広島、中野 潤(BLOCKBUSTER)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21
ショートヘアに恋する、すべての男の子へ。 ショートヘアを愛する、すべての女の子へ。 “ 髪は短し 恋せよ乙女|Short Hair Fan Club ” 令和元年六月、梅雨入りと共に、始動します。